2008年夏からNYで、2011年夏からHoustonで生活中。


by kahta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

下の子、一人でお出かけ

今夜から実家に帰省する予定。
帰省を楽しみにしていた下の子、どこでコミュニケーションがすれ違ったか、昨日帰省すると思っていたらしく、朝から「愛知に行く~~。」と言って聞かない。

たまたま昨日は夫が名古屋出張だったので、「じゃあ、パパと名古屋に行く?それでけい子さんにお迎えに来てもらう?でもママはいないよ。夜はけい子さんたちと寝なくちゃいけないよ。ママは明日の夜にならないと行かないのよ。お姉ちゃんもいないよ。」と下の子が否定することを想定して提案。

下の子「行く~~~!」
私「ママ、いないのよ?いいの?」
下の子「うん、平気~^^。」

で、下の子は夫に連れられて愛知へ帰省。

母から届いたメールは

「到着してお昼ご飯食べて歌歌ってます。ママに電話しなくて良いそうです。」

「昨夜9時に寝て朝6時にトイレに起き、再び寝て8時に起きました。ママとも言いませんでした。」


かっこいい~~~!
上の子は6歳半年を過ぎてようやく一人で母たちとお泊りにお出かけできたのに。
2番目の子はいろいろ大胆に挑戦できる子が多いのかな?

出来ない、って勝手に思ってたけど、実はそうじゃないんだな。
本人の意思をくじくように心配から先回りしていろいろ言うのはよくなかったな。
[PR]
by kahta | 2007-03-30 12:17 | 子供

新鮮な楽しいお仕事

今年に入ってからありがたいことに、仕事の量が増えた。
翻訳も営業アシスタント業務も経理も何でも面白い。
今日は普段とは違ったお仕事だった。

スイスから来た本社エグゼクティブの奥様と東京観光するお仕事。
公共の乗り物に乗りたいとのリクエストだったので、地下鉄とJRを利用してまず新宿へ。
都庁の展望台の北側と南側、両方の風景を楽しみ、その後ヨドバシカメラで、デジカメとPCをじっくりみて回る。
原宿に移動して明治神宮をゆっくり散策。
私も明治神宮に行くのは初めてで、木の香りや気持ちのいい空気、風を満喫。
竹下通りを歩いた後、表参道付近の案内をし、ホテルまでの帰り方を教えて分かれた。
本当はちゃんとホテルまで送っていくべきだと思うけど、保育園で給食のアレルギー面談があったので、奥様一人で帰ってもらうことにした。
奥様は、南アメリカをご主人と一年もバックパックで旅したこともあるし、一人で気ままに歩くのが好きなようなので、大丈夫でしょう。

家事と育児、夫の役割分担、スイスの保育&教育システム、お料理、南アメリカ旅行、話は尽きなくて興味深かった。
しかし、よく歩いた~~~。
[PR]
by kahta | 2007-03-29 19:45 | お仕事

油麩

なんて聞いたことも見たこともなかった。
ここ一年以上お米を購入している農園ファーミンさんのHPに載っていて最近知った食材。

お麩を油で揚げたのが油麩で、岩手県南一関市周辺、宮城県北登米郡周辺で、昔から親しまれてきた食材。主に夏のお盆時に食べられる風習があるらしい。
現地では、油麩をたまねぎなんかと煮て卵でとじた油麩丼というものも、普通の食堂のメニューにあるらしい。

油麩をジャガイモ、たまねぎ、こんにゃくと煮付けてみた。
味付けは醤油と少量の味醂。
しみじみとして、ひじょーーーに美味しい。
子供たちや夫にも大受けで、争って食べられちゃった。
油麩は煮付けのほかにも、お味噌汁や、麺のつゆに入れたりするらしい。
手軽にボリュームが出せるのもいいな。

油麩は家の近くでは手に入らないので、自分でお麩を揚げて作ってみた。
思ったよりすぐに焦げてしまう。
ちょっと苦い自家製の油麩とすき昆布の煮物は、またチャレンジだな。

リマに油麩をおいてもらえるよう、提案してみよう。
[PR]
by kahta | 2007-03-28 13:03 | マクロビ

あわ団子ときび団子

「おぜんざいが食べたい。」との娘のリクエストを受けて炊いたあんこが残っていたので、粟団子と黍団子を作ってみた。

砂糖よりも穏やかと言われるレーズンを使ってあんこを炊く場合もあるけれど、使うレーズンの酸味により出来上がりがイマイチな場合が多いので、今回は主に米飴と少量の甜菜糖を使用。2種類以上の甘味料を組み合わせると甘さが引き立つらしい。

粟と黍はそれぞれ目の細かいざるで洗って、30分ほど浸水。その後蒸し器で20分超くらい蒸した。

粟団子は作るはなから下の子に食べられてしまった。うんうん、結構いける。美味しい~~~♪

一方黍団子は、水がにごらなくなるまでよ~~く洗ったんだけど、なんか苦い。。。
これじゃあ、桃太郎さんについて行こう、なんて誰も思わないよ。犬とかサルとか雉は味覚音痴だったんだろうか?と思っていたら、娘と夫は美味しい~~、とぱくぱく完食。
彼らの体は黍を必要としてたんだな、と思うことにした。
[PR]
by kahta | 2007-03-27 12:05 | マクロビ
週末は、家族そろってドラリオンを鑑賞。
一緒に行った友人のご主人が広告代理店勤務で、真中の前方の良いお席を用意してくださって、よく見えて良かったな~。かおちゃん、ひでちゃん、ありがとう~。

竜とライオンを組み合わせたドラリオンや、大きな音、場内の暗さに3歳の下の子は怖がるかな?と思ったけど、怖がることもなくパフォーマンスに目がくぎ付けだった。合計2時間チャンと座って観ることが出来た。
上の子は最初から最後まで「ぎゃはは~」と大笑い。楽しそうなのはいいんだけど、その笑い方やめないと、将来お嫁にいけないわよ。

壁を使うトランポリンとペアの空中ブランコ、フープをジャンプしながらくぐる演目にとても感動。
中国人アーティストの出演が多いな~と思ったんだけど、ドラリオンは、中国雑技団とシルクのコラボレーション作品、と聞いて納得。

帰宅後一眠りして、上の子は夫の妹と一緒にフィギュアの世界選手権を観戦に出かけた。
生で真央ちゃんやミキティを見られて、大興奮!だったらしい。
家に戻っても興奮がやまずに、TVで丁度真央ちゃんを見終わった私たちに「4回転は跳ばないんだけどね、ミキティが一番になるの」と先走って教えてくれた。。
[PR]
by kahta | 2007-03-26 13:18 | お出かけ

娘お手製のお雛様

もくもくと子供の机で何か熱心に作成中の娘。
出来上がったのは、

d0010531_19255226.jpg


お雛様と

d0010531_19261577.jpg


お内裏様

ちゃんと倒れないように工夫もしてある。
自分で考えて作り出せる、って素敵だなあ。
[PR]
by kahta | 2007-03-14 19:27 | 子供

卒乳訓練中

3歳と2ヶ月を過ぎてようやく下の子が卒乳に応じてくれるようになった。

上の子の時は1歳5ヶ月でむりやり引き剥がして断乳したので、私はおっぱいが張って痛く、子供は悲しくて大泣きだった。
そんなつらい断乳は2度とするまい、と決めていたので、下の子は本人の了承を得て卒乳したいと思っていたのだが、予想以上にねばられてしまい、これはこれで困ったな~と思っていた。

土曜日の夜寝るとき、いつものように「おっぱい頂戴。」と言う下の子。

私「どうしておっぱいがいるの?なくてもいいんじゃない?」
子「おっぱいいるよ~。」
私「そうかな~。考えてみて。保育園でおっぱいなしでお昼寝しているから、夜だっておっぱいなくても眠れるよ。」
子「・・・」
私「大丈夫だよ、ちょっと試してみようよ。きっと出来るよ。代わりにお尻なでなでしてあげる。」

お知りなでなでが効いたのか、お昼寝していなかったからか、数分後にはすっと入眠。

やった~~~~~~~~~~~~!

それからは寝るときにはおっぱい飲まない日々が続いてる。(お尻なでなでも続いている。)
夜中と朝方には飲んじゃうときもあるんだけどね~。こっちも眠いから、便利なのだが。

皆様、息子に会ったときは「おっぱいばいばいできたの?」とめちゃ誉めてやってください。
彼は誉められると得意になって張り切るタイプです。
[PR]
by kahta | 2007-03-01 12:03 | 子供