2008年夏からNYで、2011年夏からHoustonで生活中。


by kahta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子連れで参加した。

まず最初は、現在のお金の流れの説明。

自分たちの預貯金、保険・年金準備金、国債が、どれくらい国外に流れているかを日銀の資金循環表を用いて数字で確認。2005年末の数字で大まかに言って、1124兆円の内、422兆円が国外に流れている。つまり、日本のため、自分たちのためには(短期的かもしれないけど)使われなかったということ。

どうせ使うのなら、より良い環境・社会、ひいては自分たちのために使いませんか、という提案。

次に環境問題の最新情報。

地球温暖化に関しては、いろいろ論争があるが、共通した認識は、
①原因は特定できていないが、確かに気温は上がりつづけている。そのため、気候変動がおきつつある。

②森林(植物)・水・食料を中心にした、生態系メカニズムが、壊れつつある。この原因は明らかに人間社会にある(経済過剰発展、人口爆発、南北格差、人為的生成の化学物質の影響など)

原因は何であれ、持続可能な状況へと変革する必要性がある。

今後の気候変動の影響で、自分たちや子供たち、孫たちはバカンスに行く素敵な場所もなくなっちゃうかもしれないし、美味しい食事、安全な水、そして平和の確保が難しくなるかもしれない。
そんな世界、私は嫌だ。水と空気、緑の綺麗なところで、ぼーっとお散歩したい!!

そして、私たちに今できること、今やるべきことの提案
何を?
①自然サイクルに沿った経済の確立
②森林、農水業、水資源の回復
どのように?
資金循環を変えることで。
お金の力は非常に大きい。環境に良いこと、人類に良いことにお金を回さなくてはいけない。

最後に、環境と株式投資、環境と森林投資について
株式投資は省略。
森林投資に関しては、

現状の日本の森林は衰退の一途。
主な理由は、輸入自由化による輸入材使用の拡大。現在では国内使用材の80%を輸入材が占める。
その結果、林業界では不採算のため、手入れが行き届かない荒廃した森林が拡大。

しかし、材木を輸入するのはエコじゃない。輸入するエネルギーがもったいない。
森林の価値を考えると荒廃させておくのはもったいない。

森林の価値
①CO2の吸収
人間は呼吸をするだけで、1年間になんと15本近くの木に、文明的生活をするためには1年間に376本の木に頼っている!!(CO2吸収量で計算すると)
②食物連鎖の原点
海も森に依存している。
③セラピー効果
山に入ると、空気が美味しいよね。
④水源機能、災害防止機能等
公益的価値を数字に換算すると、1ha(1万㎡)=280万円(年間)

そこで、大事な大事な森林が望ましい状態で保たれるように、荒廃した森林を手入れして、良質な木材に育て、林業としての経済循環を成立させる、森林ファンドの紹介。
流れとしては、まず出資の半分はエコな通貨の外債で運用して、その利子で間伐等の手入れを行う。そして将来、育った良質の木材を売却。
まだ詳細は決まってないようだけど、ファンド出資者が投資先の山に遊びに行けるようなアイデアもあるらしい。募集締め切りは12月20日。
詳細は、こちら


子供が「おトイレ~」と言い出したので、最後のQ&Aはちゃんと聞けず。

子供たちは事前に用意しておいた大学芋とおっぱいで、大人しくお絵書きなどしながら過ごした。
子供には難しいないようだと思ったんだけど、上の子はお絵かきしながら、ちゃ~んとセミナーの内容を聞いていたようで、以下のメモを書いていた。

「このちいさなちいきで、ちいさないいしぜんややまをふやせば、みんなでちからをあわせておおきなしんりんをふやせば、しんりんがおおきないいくうきをつくってくれる。」

読みにくいから漢字に直すと「この小さな地域で、小さな良い自然を増やせば、皆で力を合わせて大きな森林を増やせば、森林が大きな良い空気を作ってくれる。」

こんな小さい子でも良くわかってるんだ~、と感動した。

それから、この森林ファンドにご興味がある方は、直接詳しい説明を受けられるそうです。



 
[PR]
by kahta | 2006-11-29 12:28 | 投資

ジジちゃんが

この世を去ってしまった。
15年ちょっと、の犬生だった。

インドから帰ってきたとき、ぬいぐるみのようなハスキー犬が、コタツでくつろいでるのを見て、びっくりしたのが初めての出会いだった。
ジジちゃんはハスキーなのに、コタツが大好きでよくもぐって、鼻だけ出してぐーぐー寝てたな。

柿が大好きで、よく柿の木の下で、ワンと鳴いて柿をじーっと見上げてたっけ。
干し芋も大好きで、よくわけっこしたねえ。

ジジちゃんがいないなんて、寂しいな~。
でも、15年間、楽しかったり、励ましてもらったり、いい思い出ばかり。
ジジちゃん、ありがとう。
また、どこかで会いましょう。
しつけ係だったけど、厳しく叱ってごめんね。
[PR]
by kahta | 2006-11-27 11:59 | とどめておきたいこと
食べ物やらゴミやら空気やら、自分の身の回りの物には気を使ってきたけど、お金の運用(投資)と環境が結びついていることは最近まで気にしていなかった。
目に見えないから、なかなかぴんとこないんだもの。

でも最近、サステイナブルインベスターの「環境と金融セミナー」でようやく認識できるようになったことがある。

それは例えば、郵便局や銀行に貯金している場合、(他にも、日本の国債を買っている場合も)そのお金でひょっとしたらアメリカの国債が買われちゃって、アメリカの軍事費に貢献しちゃっている場合もあるって事。
アメリカの戦争なんか応援したくないのに、応援してしまうお金の流れに知らないうちに参加しちゃってたってこと。

ドルを買うこともドルを応援、アメリカを応援する姿勢になるよね。
会社の上司RKさんが、「私今、一人でブッシュ制裁をしてるから、ドル買わないの。」と発言したのが、理解できるようになったよ。

出来る範囲で、株式投資で応援したい企業の株を買ったり、エコファンドに投資したり、エコ的なお金の流れを応援できたらいいな☆

明日22日(水)に、サステイナブルインベスター社の環境と金融セミナーに子連れで参加するつもり。こういったセミナーに子連れでいけるなんて、日本で初めてじゃない??まだまだ子連れには冷たい社会だものね。
お子様お持ちの方で興味のある方は、29日(水)、12/6日(水)にもセミナーが開催されるようですよ。でも時間が18時半から1時間だから、ちょっと厳しいかな?
マクロビアンの人は場所がクシガーデンに近いからお食事がてらどうですか(笑)?
今回は、金融面での資金の望ましい流れ方に関する考察に加え、 森林の知られざる価値や森林の投資機会について、 森林ファンドの話題を交えてのセミナーらしいよ。

「地球にやさしい」事が大好きな上の子。少しは理解できるかな??
[PR]
by kahta | 2006-11-21 12:26 | 投資
☆消費電力を減らす

①電気はこまめに消す
キャンドルを代わりに用いるのがお勧め。特に、お風呂が雰囲気が良くて気持ちいい。我が家の子供たちは大好き。
②白熱灯は消費電力が多いので、白熱色の蛍光灯を利用する(まだうちは変更できてない。。)
③暑い季節には体を冷やす食べ物、寒い季節には体を温める食物をとり、エアコン等の消費を減らす(衣服でもかなり調節できる。寒い冬には妹お勧めのモンベルとかパタゴニア等のアウトドア系の下着を用意したいな。)
④炊飯ジャーの保温はやめる
ご飯がまずくなっちゃうよ。おひつが一番。冷めても美味しい。(この時期は冷めると厳しいか?)
⑤使わない家電のコンセントは抜く
⑥思い切って太陽電力を導入
次回家を購入するときは取り付けたい。。将来高値で電力売れるかもよ~。

☆なるべく公共機関を利用する
田舎や子供がいる家庭は難しいかな。
[PR]
by kahta | 2006-11-18 21:57 | 日常

メルシャンとアメリカ株

うふふ、嬉しいな~。ホルダーになったばかりだったのだ。
メルシャンの強みはワインだけじゃないらしいし。楽しみだな。

ブラジルの穀物商社、BUNGEが十分あがったので売った。
下がったらまた買いたい。
その代わりに石炭から石油を取り出す技術の会社を買ってみた。
原油価格は上がるかな~?
大好きなグーグル、もS&P500に採用されいい感じ。500に到達するといいな。
[PR]
by kahta | 2006-11-17 22:32 | 投資
☆グリーンコンシューマーになる!

①買い物袋を持参する
②過剰包装を断る
そして一番大事だと思うのは、
環境への負荷が少ない商品を購入する (例えば水を汚染しにくい洗剤類や土壌を弱める農薬を使用していない野菜、国産(できれば地場)の商品など)

商品を購入する=生産者やその企業を応援する、だよね。
応援したくない&姿勢に賛同できない企業の商品は買わない。

ちなみに、食品に関してはフードマイレージのサイトで、自分が購入した食品がどれくらいのCO2を排出したか調べられる。興味深いよ。

地球環境に対して、個人個人の影響力は非常に小さいけど、それが、何千、何億と集まったら、政府や企業を動かす大きな力になる。
人類が地球でハッピーに暮らすためには、これを目指さなくてはいけない。
誰かがどうにかしてくれる、なんて甘いことを考えていちゃダメよ~ん。
私たち、私たちの子供の未来。自分たちで動きましょ~☆
[PR]
by kahta | 2006-11-17 12:13 | 日常