2008年夏からNYで、2011年夏からHoustonで生活中。


by kahta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:お出かけ( 70 )

3倍の申込みがあったらしいけど、当たっちゃった。
九星気学とマクロビが関係あるなんて。楽しみだな~。
夫が出張中なので、子供の預け先をあちこち探したよ。
Oさんが子供たちの体調がよかったら、預かってくれることになった。
Oさん感謝です~。ありがとう。
[PR]
by kahta | 2005-10-13 13:42 | お出かけ

ミラヴィル

年に一度か二度は、普段マクロビ食でも行きたくなるフレンチ、ミラヴィル
何を食べても美味しいけど、有機栽培の野菜が本当に本当に美味しくて、一皿一皿のバランスが完璧!
余計なコメントは出来ません。
子供は6歳からOKだそうなので、娘のお誕生日にフレンチで祝う、というのもちょっと素敵だわ。
[PR]
by kahta | 2005-10-13 11:52 | お出かけ

南の島へ♪

夏休み第2弾でグアムに行きました。
オンワードのプールは上の子がとても嬉しそうだった。
でも、今回一番の収穫は、私たち5人の貸切だったプライベート・ビーチ
プライベート・ビーチでは10種類以上の熱帯魚を見ることも出来たし(なまこもいっぱいいたけど)、ブーケンビリアをつんで髪に飾ったりもしました。
イケメンのお兄ちゃんがやしの葉っぱで籠と剣、王冠を作ってくれて、子供たちはちゃんばらごっこ。
のんびり出来て非常に良かったです。
紹介してくれたKoKoさんに感謝です。
d0010531_17384163.jpg

[PR]
by kahta | 2005-10-07 13:04 | お出かけ

八ヶ岳のふもとあたり

Oさん一家と木曜の夜に出発。
長野の家のお庭は木々や花、野菜がにぎやかに育っていて、とても素敵だった。
芝生の上で子供たちは大笑いで駆け回り、父母は念願がかなって嬉しい、と喜んでいた。孫たちを遊ばせるために作った芝生なのだ。

jazzさんお勧めのごぱんにも行ってみた。旅の途中できちんとした食事をゆっくり取れたのは嬉しかった。一番のお気に入りは梅ジュース。絶品だった。。

熱気球に初めて乗った。思ったより安定してたけど、ガスの音が大きくて下の子は大泣きだった。上の子は手で目をふさいでいた。パパたちは高所恐怖症で乗らなかった。
農場で姫りんごを拾ったり、山羊とポニーにその辺にある草をちぎって与えたりした。
泥んこで粘土細工を作ったりもした。

美味しい空気の中でのお散歩は幸せだったなあ。

帰りに買った自宅用のカントリーキッチンのパンは、帰り道で跡形もなく食べてしまった。
連休はお店に並ぶことがないほど人気のお店なので、絶対予約が必要。
[PR]
by kahta | 2005-09-28 05:34 | お出かけ

大忙し

先々週末、茨城県に出かけた。
先週末は富士五湖の西湖へ。
今週末は長野県の蓼科の方へ。
来週末は南の国へ。

お出かけの後で自宅で食べる玄米の美味しいこと美味しいこと。
今朝は玄米の栗ご飯を作ったよ。
茨城でお土産にもらった栗はあま~いのだ。
実家で取れる栗はあまり甘くないんだけど、どうしてこんなに差が出るのかな。
品種のせいかな?日光のせいかな?
0度に近い温度で4~6週間冷蔵保存すると、栗の糖度が一番高まる、らしいので挑戦中。
[PR]
by kahta | 2005-09-21 05:51 | お出かけ
子供たちの多くはプールなどに出かけてました。
園長先生の話を聞いて、施設の中を見学させていただきました。
施設の中には3つの「家」っぽい部屋がありました。
マンションの一軒家、といった感じ。
上は高校生の女の子~下は幼稚園の子までが一緒に暮らしているそうです。(中高生の男の子は別のホーム)。
親がいないから乳児院、養護施設に入る子よりも、親がいても育てられない、虐待から逃れるために施設に入る子のほうが増えているとのこと。。。

ネット上のいろいろな児童養護施設に関するサイトを見てみると、
里親が子供を引き取る(年齢が低くないと難しいと思うけど)ことが
子供にとって一番の幸せにつながるのかな、と思いました。
スェーデンには養護施設はないのだそうです。
里親とグループホームのみだそうです。

日本の里親制度には規制の多さが障害となっているようですが、
それ以上に里親制度が社会的に認知されていない、
心理的に受け入れられていないことが、大きな問題なのかな、と思いました。

少子化、少子化って叫んでいるけど、もっともっと大事にしなくちゃいけない今生きてる子供たちがいるよ。。
[PR]
by kahta | 2005-08-26 05:11 | お出かけ

下北沢の阿波踊り

へ出かけた。Oさんとお子ちゃまたちと一緒に。
お祭りっていいな、熱気と活気に満ちていて。
「来年は、私たちも踊ろう!」と誓い合った親子です。

2年ぶりにりこママに会った。
綺麗なママだ。
今回ちゃんと話すのは実は2回目。
2年前始めてダニカのお家でじっくりお話した時、彼女は大病を克服した後で、将来をとても心配してた。
その後どうしてるかな、と気になってたのだ。
今も変わらず元気そうだった。
お受験の準備で忙しい、とのことだった。
我が家の姫は、どうしようか?
姫に聞いたら、「お受験する!」。
本気かしらん。
[PR]
by kahta | 2005-08-19 21:42 | お出かけ
清和県民の森にある豊英大滝


azukiさんのサイトで素敵なところを発見!
夫よ~、検討してくださいまし。
[PR]
by kahta | 2005-08-16 05:53 | お出かけ

東京へ

いつもながら東京に戻る日は忙しい。子供は特に。
朝からプールに入り、そり滑りをしに大きな公園へ、昼ご飯を食べに出かけた後、さつま芋掘りへ、またまたプールへ。
田舎を満喫した休暇だった。
上の子はまだ帰りたくなさそう。同い年のいとこはまだ田舎に残るからだ。
いとこも寂しそう。
人が多く集まるっていいなあ。。
[PR]
by kahta | 2005-08-14 12:40 | お出かけ

祖父のお墓参りへ

遊びに行くと、喫茶店やデパートへ連れて行ってくれた大好きなおじいちゃん。
喫茶店でコーヒーに添えられてくる、甘めのおかきが好きだったなあ。
亡くなったのはもう10年も前。
くも膜下出血で倒れた後、不思議な夢を見た、と言っていた。
プラットフォームで電車を待っていると、おうどんやさんのおばさんに、「あんたはまだ行かんでいいから、お茶でも飲んでいきなさい。」と言われて、お茶を飲んでいたら電車が行ってしまった。その電車に乗っていたらあの世に行っていたのかもしれない。「まだ○年早いから。」とそのおばさんに言われて、○年以上は生きられないかも、と悲観してたおじいちゃん。結局それ以上生きたのだけど。
遠くにいたのでお見舞いに行くチャンスが少なかった。
せめて、お墓参りだけでも。そして、写真をそばに。
[PR]
by kahta | 2005-08-13 12:29 | お出かけ