2008年夏からNYで、2011年夏からHoustonで生活中。


by kahta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:子供( 97 )

今日は運動会!と思って

次女の預け先を確保。

前日も気合を入れて家族みんなで早く就寝。

朝は早く起きて、準備万端♪

夫と子供たちは時間に余裕を持って先に保育園へ。

「今年は去年と違って、時間に余裕があって良いわ~。去年は微妙に遅刻しちゃったし。」と思いつつ、私は次女に授乳を済ませて出かけようとしていたら、電話がなった。

あら、誰かしら?保育園に到着した夫からだ。

「運動会は来週だよ~~。」

ええ~、そんな~~~。どこでどう勘違いしちゃったの・・・
来週は次女の1ヶ月健診の予約が入ってるのに><
[PR]
by kahta | 2007-10-06 17:30 | 子供

次女が泣くと

上の子たちが様子を見に駆けて行く。

そして、「ママ、たいへん、たいへん~!Lちゃんが泣いてるよ。お目目がバツになっている!」
と報告してくれる。

お目目がバツってナニ??

d0010531_1357444.jpg



なるほどね、バツに見えないこともないな。。
[PR]
by kahta | 2007-09-22 13:58 | 子供

水晶様汗疹(あせも)

次女ちゃんの額から頭にかけて、生後数日してから小さな水泡が発生。

産院で何も言われなかったので平気だろうと思っていたら、水疱の数が増えてきた。ちょっと心配になったので、ネットで検索。

おそらく水晶様汗疹。
放っておけばいいらしい。

知らなかったけど、汗疹には3種類もあるのね。
[PR]
by kahta | 2007-09-16 13:33 | 子供

次女 誕生☆

破水後、無事夫が帰宅し、子供たちを連れて入院。
出張から戻ってくる飛行機が台風のために飛ばなかったかしら?と思ってたら、夫は恵比寿にいた。近くにいてくれてよかったわ~。

病院についてから子供たちはハイテンションで、下の子は分娩台に登ったり、椅子をぐるぐる回したりするくらい。

希望の和室分娩は、お部屋がいっぱいで(次の日に退院の方が入っていた。次女ちゃんはこれを待っていた?)、結局分娩台を使うことになったのだけど、仰向けの普通のスタイルではなくて、四つんばいでお産できたから楽だった。
まあ、お産間際になると、もう和室でも分娩台でもどこでもよくなっちゃったし。

お産自体は安産で、本格的な陣痛が来てから1時間40分ほどで出産。エインも切れず、数回いきんだだけ、の楽なお産かな。ただ、陣痛が来てからも次女ちゃんは寝続け、起きるまで待たなくちゃいけなかったので、少し時間がかかった。

次女さんは3110g、51cm。
我が家のお子様の中では一番軽く、一番背が高く、一番頭が小さい。

次女さんのお会いした第一印象は、どうみても

「・・・・間寛平・・・」

d0010531_8463845.jpg


用意してあった名前は字画と言霊で決めたんだけど、ちょっと雰囲気違う???

でも、と~~~~ってもカワイイ次女ちゃん、会えて嬉しいです♪

生まれてきてくれてありがとう☆
[PR]
by kahta | 2007-09-12 09:00 | 子供

7歳と3歳の会話

なにやらごっご遊びをしている子供たち。

娘:「スタンプを探してください。雇用契約書に押すんです。こちら用とあなた用と2枚必要なんですよ。」

下の子:「どこですかねえ~。あっ、あった!」

娘:「おお、素晴らしい~。あなたはなかなか役に立ちますねえ。」

下の子:「そうでしょ?あそこにいるママもなかなか役に立つんですよ。でも、パパはドジドジさんだからだめだけど。」

なぜ、パパの評価低い~~?私のインプットじゃないぞ!!


子供たちは今日は二人でおしゃれしてデートごっこですって☆
車に乗ってどこかに向かってます。
[PR]
by kahta | 2007-08-31 10:19 | 子供
娘が今年も阿波踊りを踊った(皆について歩いて回った?と言った方が正しい??)。

今年は彼女が憧れの女踊り。

笠をかぶって、高下駄を履いて、お着物着て、お化粧してもらって、嬉しそう。

でも、歩いているうちにぐったり。ぜんぜん踊ってないぞ、娘ちゃん。

今年は去年より涼しい夜だったので、一緒に歩いて回る大人たちは比較的楽だった。

でも、妊婦の私は2時間の半分、1時間ずつ二晩歩くので精一杯。

結局お昼寝三昧の週末になった。。

お昼寝してばかりなので、「妊婦ってなんて非生産的なのだろう。。。」としょぼんとしてたら、
夫は「人を生み出すという極めて生産的な営みに関わるのだから、ちっとも非生産的じゃないぞ~。」と励ましてくれた。

優しいなあ、わたしの夫君は。
[PR]
by kahta | 2007-08-20 20:21 | 子供
家の中が賑やか。特に上の娘。しゃべりすぎ~~。ご飯がちっとも進んでないよ~。。

プラス、徐々におもちゃ類で散らかっていく。。

小さな子供が5人も集まった実家はさぞかし賑やかで散らかりっぱなしで、大変だったろうな。

おとーさん、おかーさん、Uちゃん、Yちゃん、A君、ありがとうね~~☆

普段、全然テレビを見ないのに、新しいテレビを購入した。
まだ壊れてなかったんだけど。DVDを見てヨガをするにはテレビも綺麗じゃないと、という話になって。

ある電気屋さんで購入したのだけど、この年になって初めて知ったことに、営業の人によって提示されるお値段が異なるのね

知らなかった。。若くて純粋そうな営業の人にまず声をかけようかな。
ベテランさんからは上乗せしたお値段を提示されたよ。
[PR]
by kahta | 2007-08-15 20:11 | 子供

子供たち 田舎へ帰省中

家の中が非常に静か。

ちょっと寂しいけど、家事がはかどるはかどる&ちっとも散らからない!

ご飯の支度も品数が少なくても文句を言われないのも、楽~。(いつも下の子は品数が少ないと、「今日はこれだけ?少ない~。」とご不満をもらすので。。)

週末は夫と一緒に、カフェで何時間も本を読んで過ごしたり、丸の内にお買い物でお出かけしたり、楽しかったな。


でも、子供たちが東京に戻ってくるのも、楽しみなんだな~。。
[PR]
by kahta | 2007-08-06 09:09 | 子供
週末出かけた。
見送りのお母様の中にはハンカチで涙をぬぐっている方も。なぜ泣く??

川遊びに星座観察、ネイチャーハイキング、果物狩り、クラフト作成、キャンプファイヤー、野外炊飯、一般的なサマーキャンプ内容に加えて環境学習プログラム。

本人は「いくつかの災難があったけど、楽しかった。」らしい。
また来年も参加するんだって。

娘が出かけている間、下の子と二人でゆっくり過ごせたのはよかったな。
もう一人生まれたら、下の子へのケアが手薄になりがちだしな。
[PR]
by kahta | 2007-07-30 14:16 | 子供

足もみ係の夫

2年位前から、娘が寝る前に夫に足を差し出し「揉んで!」と催促するようになった。
言葉でお願いするのはまだいい方で、ひどいと足を夫のお腹の上にのっけて催促。。

最近下の子も寝る前の足揉みの気持ちよさに目覚めてしまったらしい!

普段、夫、娘、私、下の子の順番で寝てるのだが、先日、

下の子:「OOちゃん、パパの隣で寝たかったな~。」
夫:「分かった!足を揉んで欲しいんでしょ!」
下の子:「そうそう。」
夫:「いいよ。。(またか。。。)」

夫:「いっつもパパがOOちゃんたちの足を揉んであげるんだよね~~~。」

下の子:「ほかに何が出来るの?」

皆、一瞬止まった後大爆笑!

夫:「えっと、洗濯物干したり、OOちゃんたち抱っこしたり。」

下の子:「それだけ?」

またまた皆で大笑い。

息子君、ちょっとパパの評価低すぎるんじゃない~??
いろいろあちこちで活躍してるはずなのに。。
[PR]
by kahta | 2007-06-04 12:49 | 子供