2008年夏からNYで、2011年夏からHoustonで生活中。


by kahta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中国野菜の怖い一例

「安いけれど買わない」「口にしない」「生産地が不明確なものは手にしない」運動を、始めてみませんか?、と訴えかけるサイトを見つけた。
中国の野菜やお茶、全てがこうじゃないと思うけど、こうだとしてもおかしくない。
消費者と作り手が離れてしまうことは、問題があると昔から思ってたけど、ここまでとはねえ。
消費者サイドからも社会システムを変えられるから、あきらめずに地道にやっていこう。
消費者にも、責任がある。安い商品の代償は何なのか、ちゃんと考えなくちゃねえ。
[PR]
by kahta | 2006-02-07 12:37 | 日常