2008年夏からNYで、2011年夏からHoustonで生活中。


by kahta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

児童養護施設に行ってきました

子供たちの多くはプールなどに出かけてました。
園長先生の話を聞いて、施設の中を見学させていただきました。
施設の中には3つの「家」っぽい部屋がありました。
マンションの一軒家、といった感じ。
上は高校生の女の子~下は幼稚園の子までが一緒に暮らしているそうです。(中高生の男の子は別のホーム)。
親がいないから乳児院、養護施設に入る子よりも、親がいても育てられない、虐待から逃れるために施設に入る子のほうが増えているとのこと。。。

ネット上のいろいろな児童養護施設に関するサイトを見てみると、
里親が子供を引き取る(年齢が低くないと難しいと思うけど)ことが
子供にとって一番の幸せにつながるのかな、と思いました。
スェーデンには養護施設はないのだそうです。
里親とグループホームのみだそうです。

日本の里親制度には規制の多さが障害となっているようですが、
それ以上に里親制度が社会的に認知されていない、
心理的に受け入れられていないことが、大きな問題なのかな、と思いました。

少子化、少子化って叫んでいるけど、もっともっと大事にしなくちゃいけない今生きてる子供たちがいるよ。。
[PR]
by kahta | 2005-08-26 05:11 | お出かけ